メジャー最高勝率のドジャースが快勝で今季最多の貯金36 宿敵・ジャイアンツを相手に5連勝!

【ドジャース8-2ジャイアンツ】@オラクル・パーク

 メジャー最高勝率で7月を終えたドジャースは、1点を先制された直後の2回表にマックス・マンシーの10号2ランで逆転に成功。その後も得点を重ね、宿敵・ジャイアンツに8対2で快勝して貯金を今季最多の36とした。ドジャースは先発のアンドリュー・ヒーニーが4回4安打1失点でマウンドを降り、3番手のケイレブ・ファーガソンが今季初勝利(0敗)をマーク。ジャイアンツ先発のローガン・ウェブは5回8安打6失点で5敗目(9勝)を喫した。

 2回表にマンシーの一発で逆転したドジャースは、3回表無死2・3塁からトレイ・ターナーの犠飛、フレディ・フリーマンのタイムリー、ウィル・スミスのタイムリー二塁打で3点を追加。5回表にはスミスのタイムリー二塁打でリードを5点に広げた。5回裏にウィルマー・フローレスの16号ソロで1点を返されたが、7回表にターナーが17号ソロを放ち、再び5点リード。9回表にはフリーマンがダメ押しのタイムリーを放った。

 長年のライバルであるドジャースとジャイアンツの直接対決は、今季最初の対戦(ドジャー・スタジアムでの2連戦)でドジャースが2連勝。次の対戦はジャイアンツがオラクル・パークで3連戦をスイープしたが、後半戦の最初のカード、ドジャー・スタジアムでの4連戦はドジャースがスイープした。そして、ドジャースは今日の試合でオラクル・パークでの今季初勝利をマークし、対ジャイアンツ5連勝。敗れたジャイアンツは借金1となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる