ナショナルズ・ソトのパドレス移籍が正式決定 強打者・ベルや有望株を含む2対6の超大型トレード

 日本時間8月3日、パドレスはナショナルズからフアン・ソトとジョシュ・ベルの2選手を獲得したことを正式発表した。トレードの対価として放出したのはC・J・エイブラムス、マッケンジー・ゴア、ルーク・ボイト、ロバート・ハッセル3世、ジェームス・ウッド、ハーリン・スサナの6選手。当初、球団間で合意したトレードにはボイトではなくエリック・ホズマーが含まれていたが、ホズマーがトレード拒否権を行使したため、ホズマーの代わりにボイトをトレードに含める形に落ち着いた。

 ソトは23歳の若さにして首位打者1回、シルバースラッガー賞2回、オールスター・ゲーム選出2回、ホームラン・ダービー優勝1回などの実績を持つメジャー屈指の強打者。15年4億4000万ドルの契約延長オファーを拒否したことでトレード要員となり、パドレスへ移籍することになった。フリーエージェントになるのは2024年シーズン終了後のため、パドレスは少なくとも2年半ソトを保有できる。一方、29歳のベルは今季103試合に出場して打率.301、14本塁打、57打点、OPS.877をマークしている強打の一塁手。今季終了後にフリーエージェントとなるため、低迷するナショナルズから放出されることが確実視されていた。

 ナショナルズへの移籍が決まった若手5選手のうち、エイブラムスとゴアはプロスペクト・ランキングの全体トップ10にランクインしたことがある元トップ・プロスペクト。すでにメジャーデビューを果たしているが、両者ともメジャーでは苦戦を強いられている。また、「MLBパイプライン」の球団別プロスペクト・ランキングでハッセル3世は1位(全体21位)、ウッドは3位(全体88位)、スサナは14位にランクイン。31歳のボイトはヤンキース時代の2020年に本塁打王のタイトルを獲得したことがある長距離砲で、今季はここまで82試合に出場して打率.225、13本塁打、48打点、OPS.733を記録している。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる