ドジャースが快勝して9連勝! ア・リーグ中部地区首位のツインズはガーディアンズに並ばれる

【ツインズ3-10ドジャース】@ドジャー・スタジアム

 ドジャースはツインズ先発のジョー・ライアンから4回までに6点を奪うなど、15安打10得点と打線が爆発。投手陣はツインズ打線を7安打3得点に封じ、10対3の快勝で連勝を9に伸ばした。ドジャース先発のフリオ・ウリアスは7回5安打1失点で12勝目(6敗)をマーク。ツインズはライアンが5敗目(8勝)を喫し、日本時間6月25日以来およそ1カ月ぶりにガーディアンズに地区首位に並ばれた。

 初回にウィル・スミスのタイムリー二塁打で先制したドジャースは、2回表にジルベルト・セレスティーノのタイムリーで追いつかれたものの、2回裏にコディ・ベリンジャーの2点タイムリー二塁打とトレイ・ターナーのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。3回裏にはマックス・マンシーの12号ソロでリードを4点に広げた。その後も4回裏に1点、7回裏に2点を追加。8回表にバイロン・バクストンの27号2ランで5点差となったが、8回裏にダメ押しの2点を奪い、10対3で快勝した。

 ドジャースは9連勝中の全試合で2点差以上をつけており、これは球団史上2位タイの記録。球団記録の11試合連続(1945年)まであと2試合に迫っている。また、開幕からの109試合を終えた時点で得失点差はプラス233となっており、これはもちろん今季メジャートップの数字。1900年以降のメジャー全体でも7番目という好記録であり、様々なデータがドジャースの強さを表している。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる