フィリーズが5本塁打の一発攻勢でレッズに大勝 史上9チーム目となる球団通算10000勝を達成!

【フィリーズ11-4レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

 フィリーズはリーズ・ホスキンスが2本塁打を含む3安打5打点の活躍を見せるなど、打線が5本塁打を含む18安打11得点と爆発。レッズに11対4で大勝し、史上9チーム目となる球団通算10000勝(11163敗)を達成した。フィリーズ先発のカイル・ギブソンは11三振を奪い、6回6安打3失点で8勝目(5敗)をマーク。レッズ先発のT・J・ゾイクに2敗目(0勝)が記録された。

 3回表にダリック・ホールの9号ソロ、ニック・カステヤノスの11号ソロと二者連続アーチで先制したフィリーズは、直後の3回裏にジェイク・フレイリーの5号同点2ラン、ジョナサン・インディアの8号勝ち越しソロと二者連続アーチで逆転されたが、4回表にホスキンスの25号3ランで再逆転。5回表にマット・ビアーリングの犠飛でリードを広げ、8回表にホスキンスが26号2ラン、9回表にギャレット・スタッブスが5号3ランを放ってダメ押しした。

 11対4の大勝で節目の球団通算10000勝に到達。データサイト「ベースボール・リファレンス」によると、フィリーズのほか、ジャイアンツ、ドジャース、カブス、カージナルス、ブレーブス、レッズ、パイレーツ、ヤンキースの8球団が達成している。なお、1883年に創設されたフィリーズは140年の歴史のなかで通算11163敗を喫し、これは歴代最多の数字。ちなみに、10000敗の大台には2007年に到達し、これはアメリカのプロスポーツチームとしては初めてのことだった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる