バイエルンが敵地でシャルケを圧倒!4ゴール完勝でリーグ独走態勢に

 ブンデスリーガ第18節が24日に行われ、バイエルン・ミュンヘンが敵地でシャルケと激突した。

堂安が今シーズン3点目!ビーレフェルトが遠藤フル出場のシュツットガルトに3発快勝!

 DFBポカール敗退後ブンデス2連勝と傷を癒すのに成功したバイエルン。今節では開幕戦で完膚なきまでに叩きのめしたシャルケを圧倒する。33分にヨシュア・キミッヒがペナルティエリア手前の右から浮き球のパスを供給。ファーで待っていたトーマス・ミュラーがヘディングシュートを決め、バイエルンが先にスコアを動かす。

クラブW杯組み合わせが決定!オルンガ加入のアル・ドゥハイルはアフリカ王者と激突

 後半に入るとさらに攻撃のギアを上げるバイエルンは、54分に後ろからのボールをトラップしたロベルト・レバンドフスキが得点ランクダントツ首位の23ゴール目をゲットする。勢いが衰えないバイエルンは88分に再びキミッヒのお膳立てからミュラーがドッペルパック(1試合2得点)を達成。2分後にはダビド・アラバが敵陣中央からスーパーミドルを沈め、バイエルンが圧巻4発でシャルケに完勝した。

photo – Lars Baron

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる