ヤンキースがサヨナラ勝ち 今季82勝目で30年連続の勝ち越し決定 ジャッジは4試合連発の55号

ダブルヘッダー第1試合【ツインズ4-5xヤンキース】延長12回タイブレーク@ヤンキー・スタジアム

 ヤンキースは12回表に勝ち越しを許したものの、12回裏にアイザイア・カイナーファレファのタイムリーで同点とし、さらに二死1・3塁からオスワルド・カブレラのタイムリーでサヨナラ勝ち。5対4でツインズとのダブルヘッダー第1試合を制した。ヤンキース6番手のグレッグ・ワイサートが3勝目(0敗)をマーク。ツインズ7番手のトレバー・メギルはリードを守れず、3敗目(3勝)を喫した。

 初回にホセ・ミランダの14号2ランで先制されたヤンキースは、4回表にギルベルト・セレスティーノにタイムリーを許して3点ビハインドの展開に。しかし、4回裏にアーロン・ジャッジが4試合連発となる55号ソロを放ち、6回裏にはグレイバー・トーレスの19号2ランで同点に追いついた。試合はそのまま延長タイブレークに突入し、12回表にツインズがセレスティーノのタイムリーで勝ち越しに成功。その裏、ヤンキースはカイナーファレファとカブレラのタイムリーで逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 ヤンキースはこの勝利が今季82勝目となり、レギュラーシーズン勝ち越しが決定。1993年から30年連続の勝ち越しとなった。また、ジャッジは55号ソロを放ち、右打者による球団シーズン記録を更新。チームの開幕136試合で55本塁打を放つのは、1999年のサミー・ソーサ、2001年のバリー・ボンズに続く史上3人目の快挙となった。現在シーズン66本塁打ペース。どこまで記録を伸ばせるか注目だ。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる