ウェストハムはリンガードに熱視線 今シーズン終了までレンタルを打診

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードは、ウェストハム・ユナイテッドが熱視線を受けている。

 28歳リンガードはマンUとの契約が2022年まで残っているが、今季はオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で出場機会を減らし、リーグで一度もピッチに立っていない。代理人は昨夏に続きイングランドやヨーロッパのクラブと話し合いをしており、ウェストハムも名乗りを挙げたようだ。ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督は2013-14シーズンにマンUを指揮した経験を持ち、古巣で苦戦するリンガードに注視。ウェストハムはすでにクレイグ・ドーソンとサイード・ベンラーマとローン契約していて、プレミアでは国内の他クラブからレンタルできるのは2選手までであるため、完全移籍で獲得する必要がある。

photo – Matthew Ashton

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる