ドジャースが逆転で4連勝 歴代5位タイのシーズン110勝到達

【ロッキーズ4-6ドジャース】@ドジャー・スタジアム

 ドジャースは3点ビハインドの7回裏に相手投手の制球の乱れから3得点を奪い同点とすると、8回裏にジョーイ・ギャロの犠牲フライとコディ・ベリンジャーのタイムリーで2点を勝ち越し。6対4でロッキーズを下して連勝を4に伸ばし、シーズン110勝に到達した。ドジャース4番手のエバン・フィリップスが7勝目(3敗)をマークし、5番手のブルスダー・グラテロルが4セーブ目を記録。ロッキーズ5番手のギャビン・ホロウェルが2敗目(0勝)を喫している。

 4回表にライアン・マクマホンの20号ソロ、ランドール・グリチックの18号3ランを浴びて1対4とリードを許していたドジャースは7回裏、先頭から5者連続四球で1点差に迫るとベリンジャーの犠牲フライで同点。その後のチャンスで一挙逆転とはならなかったが、8回裏に連打と四球で無死満塁のチャンスを作るとギャロの犠牲フライで勝ち越しに成功。さらにベリンジャーがタイムリーを放ち試合を決めた。

 ドジャースのシーズン110勝は1909年のパイレーツ、1927年のヤンキースに並ぶ史上5番目の勝利数。今シーズンまだ4試合を残しており、史上3位に位置する1998年ヤンキースの114勝に並ぶ可能性や、1954年にインディアンスが記録した111勝を越えるチャンスが残されている。すでに勝率全体1位が確定し、プレーオフの全ラウンドで本拠地アドバンテージを確保しておりポストシーズンの戦いが注目されるドジャースだが、過去のチームの勝ち数に挑むレギュラーシーズンの戦いにも最後まで注目だ。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる