「スポーティング・ニュース」による両リーグのベストナインが決定 大谷は得票するも選出ならず

 日本時間10月28日、スポーツ専門紙「スポーティング・ニュース」は今季の各リーグのオールスター・チーム(ベストナイン)を発表した。ベストナインの顔ぶれは各球団の幹部の投票によって決定され、ア・リーグは12人、ナ・リーグは17人の球団幹部が投票に参加。大谷翔平(エンゼルス)は指名打者部門と先発投手部門で得票したものの、それぞれヨーダン・アルバレス(アストロズ)とジャスティン・バーランダー(アストロズ)に敗れ、ベストナイン選出を逃した。

「スポーティング・ニュース」は各リーグのオールスター・チームと同時に、年間最優秀選手など各賞の受賞者も発表している。こちらは選手・監督・球団幹部を対象として調査が行われ、年間最優秀選手にはアーロン・ジャッジ(ヤンキース)が選ばれた。新人王はフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)とスペンサー・ストライダー(ブレーブス)、カムバック賞はバーランダーとブランドン・ドルーリー(パドレス)、最優秀監督賞はブランドン・ハイド(オリオールズ)とバック・ショウォルター(メッツ)、そして年間最優秀エグゼクティブにはガーディアンズのクリス・アントネッティ編成本部長が選ばれている。

 各リーグのオールスター・チームの顔ぶれは以下の通り。

アメリカン・リーグ
先発投手:ジャスティン・バーランダー(アストロズ)
救援投手:エマニュエル・クラセ(ガーディアンズ)
捕手:アレハンドロ・カーク(ブルージェイズ)
一塁手:ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス)
二塁手:アンドレス・ヒメネス(ガーディアンズ)
三塁手:ホセ・ラミレス(ガーディアンズ)
遊撃手:ザンダー・ボガーツ(レッドソックス)
外野手:アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
外野手:マイク・トラウト(エンゼルス)
外野手:フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)
指名打者:ヨーダン・アルバレス(アストロズ)

ナショナル・リーグ
先発投手:サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)
救援投手:エドウィン・ディアス(メッツ)
捕手:J・T・リアルミュート(フィリーズ)
一塁手:ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)
二塁手:ジェフ・マクニール(メッツ)
三塁手:ノーラン・アレナド(カージナルス)
遊撃手:トレイ・ターナー(ドジャース)
外野手:ムーキー・ベッツ(ドジャース)
外野手:フアン・ソト(パドレス)
外野手:マイケル・ハリス2世(ブレーブス)
指名打者:ブライス・ハーパー(フィリーズ)

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる