チームに贈られるゴールドグラブ賞をヤンキースとカージナルスが受賞 カージナルスは2年連続

 日本時間11月16日、チームに贈られるゴールドグラブ賞の受賞チームが発表され、アメリカン・リーグはヤンキースが初受賞、ナショナル・リーグはカージナルスが2年連続2度目の受賞となった。ローリングス社が主催するゴールドグラブ賞は2020年シーズンからチームの表彰をスタート。2020年はインディアンス(現ガーディアンズ)とカブス、2021年はアストロズとカージナルスが受賞した。受賞チームはアメリカ野球学会(SABR)が算出する守備指標に基づいて決定される。

 ヤンキースは今季74失策で、これはリーグで3番目に少ない数字。守備防御点129はドジャースの84に大差をつけるダントツの数字だった。選手に贈られるゴールドグラブ賞は捕手(ホセ・トレビーノ)とユーティリティ(DJ・ラメイヒュー)の2部門で受賞。トレビーノは球団史上初となるプラチナグラブ賞にも選出された。リーグ最多得点を記録しながらも、打線はアーロン・ジャッジの孤軍奮闘が目立った今季のヤンキースだが、チーム防御率リーグ2位の投手力とリーグナンバーワンの守備力で地区優勝を果たした。

 カージナルスは今季66失策で、これはメジャー全体で最も少ない数字。守備防御点70はドジャースに次ぐリーグ2位の数字だった。選手に贈られるゴールドグラブ賞は三塁手(ノーラン・アレナド)とユーティリティ(ブレンダン・ドノバン)の2部門で受賞。アレナドは10年連続10度目のゴールドグラブ賞を受賞しただけでなく、プラチナグラブ賞も6年連続6度目となった。カージナルスのチーム防御率はリーグ4位だったが、奪三振数はメジャー最少。投手陣を強固なディフェンスが支え、3年ぶりの地区優勝となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる