Statcastのデータに基づく「守備のベストナイン」をMLB公式サイトが特集 クワン、エドマンらが選出

 メジャーリーグ公式サイトのデービッド・アドラー記者はStatcastのデータに基づいて2022年シーズンの「守備のベストナイン」を選出する特集記事を公開した。内野手・外野手・ユーティリティ部門についてはStatcastの守備指標であるOAA(平均的な守備力の野手と比べてどれだけ多くのアウトをチームにもたらしたか)を使用。投手と捕手のOAAは算出されていないため、捕手はフレーミング得点を使用し、投手は選出されなかった。ゴールドグラブ賞やフィールディング・バイブル賞とは違う、意外な選手も選ばれている。

 Statcastのデータに基づいて選出された両リーグの「守備のベストナイン」は以下の通り。

◆アメリカン・リーグ

捕手:ホセ・トレビーノ(ヤンキース)
フレーミング得点+17

一塁手:オーウェン・ミラー(ガーディアンズ)
OAA+6

二塁手:ジョナサン・スコープ(タイガース)
OAA+27

三塁手:アレックス・ブレグマン(アストロズ)
OAA+8

遊撃手:ホルヘ・マテオ(オリオールズ)
OAA+11

左翼手:スティーブン・クワン(ガーディアンズ)
OAA+9

中堅手:ホセ・シリ(レイズ)
OAA+16

右翼手:マックス・ケプラー(ツインズ)
OAA+11

ユーティリティ:ニッキー・ロペス(ロイヤルズ)
OAA+14

◆ナショナル・リーグ

捕手:トラビス・ダーノー(ブレーブス)
フレーミング得点+10

一塁手:クリスチャン・ウォーカー(ダイヤモンドバックス)
OAA+14

二塁手:ジェフ・マクニール(メッツ)
OAA+8

三塁手:キブライアン・ヘイズ(パイレーツ)
OAA+18

遊撃手:ダンズビー・スワンソン(ブレーブス)
OAA+21

左翼手:コービン・キャロル(ダイヤモンドバックス)
OAA+5

中堅手:トレント・グリシャム(パドレス)
OAA+17

右翼手:ドールトン・バーショ(ダイヤモンドバックス)
OAA+17

ユーティリティ:トミー・エドマン(カージナルス)
OAA+19

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる