メジャーリーグ公式サイトが「トレード候補チーム」を選出 エンゼルス・大谷翔平の名前も

 日本時間1月6日、メジャーリーグ公式サイトのマーク・フェインサンド記者は「トレード候補の選手によるオールスター・チーム」を選出する特集記事を公開した。今オフはすでにテオスカー・ヘルナンデス、ショーン・マーフィー、ドールトン・バーショらがトレードで移籍しているが、まだトレード市場には多くの有力選手が残っている。フェインサンド記者が各ポジションから1名ずつ選出した「トレード候補チーム」の選手たちも今後、トレード期限までのあいだにトレード市場を大いに盛り上げてくれそうだ。

 フェインサンド記者は「トレード候補チーム」を選出するとともに、各選手の「バズ・ファクター(盛り上がり度)」を高い・中間・低いの3つに分類。唯一、盛り上がり度が「高い」に分類されたのがDH部門で選出された大谷翔平(エンゼルス)だ。エンゼルスは「今オフ中に放出しない」ことを明言しているが、開幕後にエンゼルスがポストシーズン争いから脱落した場合、トレードの噂が再燃するのは確実。フェインサンド記者は「年俸は3000万ドルと高額だが、ポストシーズン争いが続く後半戦のために獲得を狙う球団が続出するのは間違いない」としている。

 さらに「エンゼルスが大谷をトレード要員にした場合、彼はここ数年(あるいは数十年)で最も人気の高いトレード要員となるだろう」と付け加え、「もしエンゼルスがシーズン終了後に再契約できないと考えているならば、ポストシーズン争いから脱落した状況で大谷を複数のプロスペクトと交換しないのはクレイジーだ」とした。

 なお、フェインサンド記者が選出した「トレード候補チーム」は以下の通り。

捕手:トラビス・ダーノー(ブレーブス)
一塁:C・J・クロン(ロッキーズ)
二塁:グレイバー・トーレス(ヤンキース)
三塁:エデュアルド・エスコバー(メッツ)
遊撃:アメッド・ロサリオ(ガーディアンズ)
外野:ブライアン・レイノルズ(パイレーツ)
外野:ラモン・ローレアーノ(アスレチックス)
外野:タイラー・オニール(カージナルス)
DH:大谷翔平(エンゼルス)
先発:パブロ・ロペス(マーリンズ)
救援:グレゴリー・ソト(タイガース)

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる