パドレスがネルソン・クルーズと1年100万ドルで合意 対左腕用のDH 球団史上最高齢野手に

 パドレスのボブ・メルビン監督は昨季DHに13人もの選手を起用したが、今季は2人のベテランスラッガーがDHを担うことになりそうだ。日本時間1月12日、メジャーリーグ公式サイトが関係者から得た情報によると、パドレスはナショナルズからフリーエージェント(FA)となっていた42歳のベテラン、ネルソン・クルーズと1年100万ドルの格安契約を結ぶことで合意に至ったという。パドレスは今オフ、すでにマット・カーペンターと1年契約を結んでおり、右打者のクルーズと左打者のカーペンターがDHで併用される見込みだ。

 現在42歳のクルーズはメジャー18年間で通算2006試合に出場し、2018安打、459本塁打、1302打点、OPS.859を記録している強打者。シーズン40本塁打以上を4度、シーズン30本塁打以上を8度マークし、オールスター・ゲームに7度選出されているほか、シルバースラッガー賞も4度受賞している。しかし、42歳という年齢もあって衰えが目立つようになっており、昨季はナショナルズで124試合に出場したものの、打率.234、10本塁打、64打点、OPS.650と大きく成績を落とした。

 1年100万ドルという契約条件を見ても、パドレスがクルーズをDHのレギュラーとして考えていないことは明白であり、対左腕用のDHが主な役割になるとみられる。メインのDHとして起用される見込みのカーペンターは現在37歳で、昨季はヤンキースで47試合に出場して打率.305、15本塁打、37打点、OPS1.138の好成績をマーク。今季のパドレスは42歳のクルーズ、37歳のカーペンターという2人のベテランがDHでプラトーンを形成することになる。

 なお、パドレスの球団史上最高齢野手は通算1406盗塁のメジャー記録を持つリッキー・ヘンダーソンで、2001年のレギュラーシーズン最終戦(=トニー・グウィンの現役ラストゲーム)に出場した時点で42歳286日だった。クルーズは日本時間4月15日以降に出場すれば、このヘンダーソンの記録を塗り替える。ちなみに、球団史上最高齢投手はジェシー・オロスコ(2003年)の46歳90日である。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる