メッツがバウアーへの高額オファーに返答期限を設定か

「ニューヨーク・ポスト」のジョエル・シャーマンによると、メッツは現在トレバー・バウアーに対して提示しているオファーへの返答期限を日本時間2月6日午前2時(現地時間5日正午)に設定したようだ。メッツの総額1億ドルを超える3年契約をオファーしているとみられており、1年目と2年目の年俸は少なくとも4000万ドルに達するという。また、1年目と2年目のシーズン終了後にそれぞれオプトアウト(契約破棄)の条項が設けられていることも報じられている。

 シャーマンが伝えている情報が事実であれば、バウアーは年平均額のメジャー記録を更新することになるかもしれない。現時点でのメジャー記録はバウアーの大学時代のチームメイトであるゲリット・コール(ヤンキース)の3600万ドル(9年3億2400万ドル)。3年契約の場合、総額1億800万ドルを上回ればコールの記録を更新する。もし年平均額でコールを超えられなかったとしても、少なくとも4000万ドルと報じられている1年目と2年目の年俸はメジャー記録を更新する可能性がある。

 バウアー争奪戦において「メッツと一騎打ち」と報じられているのがドジャースだ。メッツのオファーは条件面でドジャースを上回っていると報じられているが、ドジャースには地の利がある(バウアーはカリフォルニア州出身)。シャーマンによると、メッツはドジャースから好条件を引き出すためにバウアーに利用されることを懸念し、返答期限を設けて高額オファーで押し切ろうとしているようだ。

 現在30歳のバウアーは、昨季レッズで11試合に先発して73イニングを投げ、5勝4敗、防御率1.73、100奪三振の好成績をマークして最優秀防御率のタイトルを獲得。ダルビッシュ有やジェイコブ・デグロムとの争いを制し、サイ・ヤング賞を受賞した。メジャー9年間の通算成績は75勝64敗、防御率3.90となっている。

 メッツが設けた返答期限まで残りおよそ30分。バウアーの決断に注目だ。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる