アトレティコ、渡航制限でCLチェルシー戦のルーマニア開催を検討

 アトレティコ・マドリードは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦チェルシー戦の代替地開催を検討している。

ライプツィヒvsリバプールが代替地ハンガリーで開催 新型コロナでドイツに入国できず

 スペインは現在コロナウイルスの影響でイギリスからの入国を制限。期間は16日までとなっているが、延長が決定した場合23日にワンダ・メトロポリターノで予定しているチェルシー戦が開催困難に。そのためアトレティコは代替地での開催を検討しており、ルーマニアのブカレストが候補に浮上している。選択肢に挙げられているブカレストのスタディオヌル・ナツィオナルは、2012年にディエゴ・シメオネ監督がアトレティコを率いて初めてトロフィーを掲げたスタジアム。マルセロ・ビエルサ監督指揮するアスレティック・ビルバオを3-0で下し、UEFAヨーロッパリーグ優勝を達成した。

photo – GettyImages, Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる