マンU退団が囁かれるポグバ…敏腕代理人ライオラはコメントを拒否「話せば誰かが怒る」

 ミノ・ライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバに関する移籍に噂に関して、コメントを拒否している。

 マンUとの契約が残り18ヶ月となっているポグバは、以前から囁かれてるユベントス復帰が再熱。昨年12月には代理人を務めるライオラ氏がポグバがマンUを去る必要があると発言して騒動となった。シーズン終了後のポグバ獲得のためユーベが資金調達に奔走していると報じられる中、ライオラ氏はイタリアメディアのインタビューでポグバに関するコメントを拒否。「ポグバがユーベに?人々は情報を知りたくて夜も寝られないだろうけど、ポグバについては語れない。沈黙を守らないと。私が話せば誰かが怒る」と言及した。レアル・マドリードとの関係も囁かれており、今後の動向に注目だ。

photo – GettyImages, Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる