チェルシー、トゥヘル体制好調を継続できるか アーセナルは本拠地でリーズと〜第24節プレビュー〜

 チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、指揮官キャリアで初めてマンデーナイトにリーグ戦に臨む。アーセナルは昇格組に相性の良さを見せれるか。

チェルシー vs ニューカッスル・ユナイテッド
 リーグ戦ホームにおいてチェルシーはニューカッスルと相性の良さを見せており、ここ25試合で敗れたのは2012年5月の一度だけ(18勝6分)。今節勝利すれば1984年〜2013年にWBA戦で成し遂げて以来の同一の相手にホーム8連勝となる。またトーマス・トゥヘル監督はマンデーナイトマッチにリーグ戦を行うのは初めてで、2016年8月のボルシア・ドルトムント時代ぶりとなる。

アーセナル vs リーズ・ユナイテッド
 2003年5月に敗れて以来、アーセナルは公式戦8試合でリーズに負けていない(6勝2分)。またアーセナルは昇格組とリーグ戦ホーム直近27戦無敗中で(23勝4分)、最後に黒星を喫したのは2010-11シーズンのWBAとニューカッスル・ユナイテッド戦まで遡る。さらにブカヨ・サカはアーセナルのどの選手よりもチャンスを創出し(26回)、より多くのファウルを受けている。

photo – Alex Pantling

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる