35歳カバイェが現役引退を発表…ニューカッスやPSGで活躍「最後の笛が鳴った」

カバイェが35歳で現役引退

ニューカッスル・ユナイテッドやクリスタル・パレスでプレーした元フランス代表MFヨハン・カバイェが、35歳で現役引退を発表した。

35歳カバイェはリールで頭角を現し、2011年にニューカッスルに加入。最初の2シーズンで10ゴールを記録しイングランドでトップクラスの選手に成長すると、その後パリ・サンジェルマンやパレス、カタールのアル・ナスルでプレーし、昨年7月にサンテティエンヌを退団してフリーとなっていた。フランス代表ではEURO2016のメンバーとして優勝を経験。カバイェはTwitterでプロキャリアを終えた思いを語った。

「最後の笛が鳴った。情熱、サッカーへの愛、大きな感動、そして心に刻まれた思い出の17年を経て、僕はプロサッカー選手としてのキャリアを終わりにする決断をした。これは明確な判断だし、サッカーの世界で35歳を過ぎた事は避けられない。だから受け入れるのは難しかったよ。サッカーへの愛は計り知れないんだ」。

Photo Stu Forster

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる