冨安右SB出場のボローニャが辛くもドロー 吉田スタメンのサンプドリアはラツィオに惜敗…

数的不利のボローニャが辛くもドロー

 セリエA第23節が20日に行われ、冨安健洋が所属するボローニャがサッスオーロとのダービーに臨む。吉田麻也所属のサンプドリアはラツィオの敵地に乗り込んだ。

サッスオーロ vs ボローニャ
 冨安が右サイドバックで先発出場したボローニャは、17分にムサ・バロウがペナルティエリア内でボールを奪い、ロベルト・ソリアーノが先制点をゲットする。ところが30分にアーロン・ヒッキーが危険なファウルを犯して一発退場に。長い時間帯で数的不利を強いられたボローニャは52分に失点を喫するも、追加点は与えず1-1で辛くもドローに終わった。

ラツィオ vs サンプドリア
 吉田がスタメンに名を連ねたサンプドリアは、24分にセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのラストパスからルイス・アルベルトに先制点を許してしまう。反撃を試みるサンプドリアは後半開始から吉田を途中交代する非情な決断を下す。それでも状況は好転せず、ラツィオに0-1の“ウノゼロ”で敗れてリーグ連勝とはならなかった。

Photo Alessandro Sabattini

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる