無得点に終わったアトレティコが今季2敗目…乾&武藤が途中出場したエイバルは7戦勝利なし

アトレティコが今季2敗目

 ラ・リーガ第24節が20日に開催し、アトレティコ・マドリードがレバンテと対戦。乾貴士と武藤嘉紀が所属するエイバルがエルチェとの一戦に臨んだ。

アトレティコが敵地で苦戦…M・ジョレンテ弾でレバンテと辛くもドロー

アトレティコ・マドリード vs レバンテ
 スケジュール調整でレバンテと2戦連続対戦となったアトレティコは、30分にホセ・ルイス・モラレスのシュートがマリオ・エルモソに当たってゴールに吸い込まれ、OGを喫する。猛反撃に出るアトレティコは、ルイス・スアレスの直接FKがポストに直撃するなど不運に見舞われ、試合終了間際に追加点を許し万事休す。アトレティコが0-2で敗れ、今シーズン2敗目となった。

アトレティコが敵地で競り勝ち無敗キープ!乾&武藤出場のエイバルは痛み分けのドロー

エルチェ vs エイバル
 リーグ戦で最後の勝利から久しいエイバルは、序盤は多くのチャンスを創出するも得点するまでには至らない。すると33分にCKの流れからダニ・カルボにヘディング弾を叩き込まれて失点を喫する。57分に武藤、75分に乾を投入して前線をリフレッシュし反撃に出るものの、最後までゴールを奪えず試合終了のホイッスル。エイバルが0-1で敗れ、リーグ7戦連続白星なしとなった。

Photo Denis Doyle

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる