対戦成績は全くの互角!アトレティコは中立地ブカレストで先勝なるか 〜CLラウンド16 1stレグプレビュー〜

アトレティコが対戦成績が互角のチェルシーと激突

 国内リーグでトップを快走するアトレティコ・マドリードが、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でチェルシーと激突。全く互角の対戦成績を残す相手に、中立地ブカレストで勝利を手にできるか。

無得点に終わったアトレティコが今季2敗目…乾&武藤が途中出場したエイバルは7戦勝利なし

欠場者情報
アトレティコ・マドリード
・キーラン・トリッピアーは自身の移籍をめぐる賭博行為が発覚し、先月から10週間の活動停止が言い渡された。
・エクトル・エレーラが体調不良で欠場。ヤニック・カラスコは膝を痛め、ホセ・ヒメネスは筋肉系に問題を抱えピッチに立つことが出来ない。

チェルシー
・打撲を負ったチアゴ・シウバは回復に専念しており、トーマス・トゥヘル監督は前日会見で欠場を示唆している。

南野先制弾のサウサンプトンが強敵チェルシーとドロー リバプールは1999年ぶりのホームでダービー敗戦…

マッチプレビュー
アトレティコ・マドリード
 欧州の大会において同カードは、2勝3分で互いに11ゴールとまったく五分の成績を残している。ノックアウトラウンドで対戦したのは2013-14シーズンUEFAチャンピオンズリーグ準決勝の一度だけで、2戦合計3-1でアトレティコが決勝にコマを進めた。またディエゴ・シメオネ監督はCL決勝トーナメントのホームで無敗を誇っており、直近13試合で9勝4分の成績を残している。

チェルシー
 最後にチェルシーがアトレティコに勝利したのは2017年9月のCLグループステージで、完成したばかりのワンダ・メトロポリターノで2-1の逆転勝利を収めた。オリビエ・ジルーは今シーズンのCLで、142分で5ゴールと誰よりも効率のいい決定率を記録。GKエドゥアール・メンディも被枠内シュート16本の内1本しかゴールを許しておらず、今大会最高のセーブ率を誇っている(94%)。

Photo Sonia Canada

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる