王者バイエルンが敵地で圧巻ゴールショー!ラツィオを4発で粉砕しベスト8進出に大きく前進!

バイエルンが敵地で4発圧勝

 23日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグが行われ、バイエルン・ミュンヘンが敵地でラツィオと対戦した。

今季CLで無敗を維持するラツィオ、ホームで王者バイエルン撃破を狙う 〜CLラウンド16 1stレグプレビュー〜

 年間6冠を達成し王座に君臨するバイエルン。敵地スタディオ・オリンピコでの一戦では圧倒的な強さを見せつける。開始9分にGKへのバックパスをロベルト・レバンドフスキが奪い、いきなり先制点をゲット。24分には、ジャマル・ムシアラが右足を振り抜き追加点を挙げる。42分にはキングスレー・コマンのシュートのこぼれ球に反応したレロイ・ザネが押し込み、バイエルンが前半だけで3点のリードを奪う。

アラバ、今シーズン限りでバイエルン退団を表明…在籍13年、移籍先は未定

 後半に入っても攻め立てるバイエルンは、47分に自陣からロングカウンターを発動。ペナルティエリア左からザネがグラウンダーのクロスを送ると、フランチェスコ・アチェルビのOGを誘発し、決定的な4点目を奪取する。2分後にホアキン・コレアに1点を返されるものの、最終スコア4-1で大勝したバイエルンがベスト8進出に大きく前進した。

Photo Alexander Hassenstein

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる