ヘンダーソンが来夏マンU退団を検討か…トッテナムとドルトムントが獲得に興味

 マンチェスター・ユナイテッドのGKディーン・ヘンダーソンを巡り、トッテナム・ホットスパーとボルシア・ドルトムントで争奪戦が繰り広げられている。

マンUがドンナルンマに急接近!GK最高給で基本合意か

 昨年8月にマンUに復帰を果たしたヘンダーソンは今シーズン、ファーストチョイスのダビド・デ・ヘアの存在もありベンチで多くの時間を過ごす。昨夏に週給12万ポンド(約1700万円)の5年契約を結び、幼少時代からファンだったマンUの長期滞在を望んでいるヘンダーソンだが、ピッチに立てない場合は移籍も視野に入れているようだ。移籍市場でヘンダーソンの名前が挙がった場合、トッテナムとドルトムントがオファーの準備を進めている模様。トッテナムは守護神ユーゴ・ロリスが来シーズンいっぱいで契約が終了となり、新たなGK探しに尽力。高額なサラリーを支払える用意があるかがポイントとなるだろう。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる