スアレス、バルセロナ退団時にショックを受けた言葉を回顧 「年寄りだから…」

 アトレティコ・マドリードのルイス・スアレスは、バルセロナ退団時に言われた言葉を回顧した。

ジルーが華麗オーバヘッド弾!チェルシーが敵地で強敵アトレティコに先勝!

 34歳スアレスは昨夏に涙を滲ませながらバルサを退団すると、今シーズン加入したアトレティコで躍動。ラ・リーガで16ゴールを挙げ、リオネル・メッシを抑え得点ランキングトップに位置している。移籍が大成功となったスアレスは『フランス・フットボール』で、6年間在籍したバルサを退団する際、苦い思い出を残したと赤裸々に語った。

“問題児”カッサーノ、スアレスを放出したバルセロナに困惑「クレイジーだ」

 「気になったのは、僕が年を取ったからもう高いレベルではプレー出来ないと言われたことだ。それが嫌だったんだ。バルサのようなクラブで3~4シーズン何もしていなければ理解できたかもしれない。だけど僕はバルサで毎シーズン20ゴール以上決めていた。レオのすぐ後ろで常にいいデータを取っていたんだ」。

アトレティコと2年契約のスアレス、希望すれば今シーズン限りで退団可能と判明

 「バルサでは状況が変わり、クラブは変化を必要としていた。そして僕はそれを受け入れたんだ。それは防ぎようのない決断だった。もう頼りにされていないと感じたから、プライドを持って自分の価値を示し続けると言い聞かせたよ。だからこそ、競争力のあるアトレティコに行くという考えが僕に訴えかけてきたんだ」。

Photo Octavio Passos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる