F・ルイス、元同僚アザールの“マリオカート伝説”語る「試合5分前まで…」

 フラメンゴのフィリペ・ルイスは、チェルシー時代同僚だったエデル・アザールは世界最高の選手だとし、衝撃のエピソードを披露した。

【ラ・リーガ】アザールは“サボり魔”⁉ 元チェルシーMFが実態を明かす「突っ立って練習が終わるのを待っていた」

 F・ルイスは2014-15シーズンにアザールとプレーし、共にリーグカップ獲得に貢献。F・ルイスは『Mail』のインタビューで、「「エデンとネイマールは、僕がこれまで一緒にプレーしてきた中で最高の選手だ」とコメント。「彼はよくトレーニングしなかった。試合の5分前までドレッシングルームでマリオカートをしていたね。だけど誰も彼からボールを奪えなかった。彼はドリブルで3~4人の選手を抜き去って、自分の力で試合に勝っていた」と語った。またF・ルイスは、周りが認めるにはもう少し野心が必要と言及。「“世界最高の選手になるんだ”って気持ちが少し足りないかな。でも彼にはなれる可能性がある」と伝えた。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる