遠藤の2G2Aでシュツットガルトが大勝!バイエルンは圧巻5発で3試合ぶりの白星

遠藤が2G2Aの活躍

 27日にブンデスリーガ第23節が開催され、遠藤航が所属するシュツットガルトがシャルケと激突。バイエルン・ミュンヘンはホームにケルンを迎えた。

バイエルンの超新星ムシエラ、生まれ故郷ドイツ代表入りを決断「長い時間かけて下した選択」

シュツットガルト vs シャルケ
 開始早々のピンチを脱したシュツットガルトは、10分に右CKから遠藤が先制ボレーをゲット。26分にはまたもCKの流れから遠藤がネットを揺らし、自身初のドッペルパック(1試合2得点)を達成する。互いにゴールを奪い後半に入ると遠藤がさらに輝きを放ち、88分にフィリップ・クレメントの得点をアシスト。後半アディショナルタイムにはダニエル・ディアビのダメ押し弾をお膳立てし、遠藤の2ゴール2アシストの活躍でシュツットガルトが5-1で大勝した。

王者バイエルンが敵地で圧巻ゴールショー!ラツィオを4発で粉砕しベスト8進出に大きく前進!

バイエルン・ミュンヘン vs ケルン
 ブンデスで2試合勝利から遠ざかっているバイエルンは、18分にエリック・マキシム・チュポ=モティングが先制弾を奪取。するとロベルト・レバンドフスキが33分と65分にネットを揺らしてドッペルパックを達成する。さらに途中出場セルジュ・ニャブリも4分間でドッペルパックを成し遂げ、バイエルンが5-1で3試合ぶりの白星を飾った。

Photo Alex Grimm

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる