バイエルンが手薄な左サイドを補強!23歳レディングDFと4年契約を締結

バイエルンが23歳リチャーズと契約

 バイエルン・ミュンヘンは、イングランド2部レディングでプレーするオマル・リチャーズと4年契約を締結した。

バイエルンが新星アーロンズと交渉開始 ノリッジは移籍金45億円前後を要求

 代理人との3ヶ月に及ぶ交渉の末、バイエルンは23歳リチャーズと合意。コロナウイルスのパンデミックによる渡航制限でドイツ入国は先となるものの、メディカルチェックは既に合格しているようだ。リチャーズは左サイドを主戦場としており、昨シーズンの三冠に大きく貢献したアルフォンソ・デイビスのバックアップとしてプレーする見込み。今シーズン限りでダビド・アラバの退団が決定していたため、左サイドの選手層が手薄となっていたバイエルンにとって貴重な補強となった。さらにバイエルンはDF陣の強化に尽力していて、ノリッジ・シティのイングランドU-21代表DFマックス・アーロンズとも交渉を進めている。

Photo James Williamson – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる