マンU、今夏の大型補強はなし?スールシャール監督が示唆「現実的な運用を」

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏の大型補強を否定した。

向かうところ敵なしのマンCがウルヴスと激突!マンUは得意のアウェイでパレスと 〜第29節プレビュー〜

投稿を表示

 マンUは今シーズンのプレミアリーグで2位に位置するものの、首位マンチェスター・シティが直近の試合で4-1と勝利を収め、暫定で15ポイント差をつけられている。マンUのレジェンドであるリオ・ファーディナンドはボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドやジェイドン・サンチョの獲得を、ギャリー・ネビルはセンターバックの補強を望んでいる中、スールシャール監督はコロナウイルスのパンデミックが予算捻出の妨げになると語った。

VAR判定でもハンドなし…スールシャール監督が不満噴出「絶対PK。審判に勝ち点を奪われた」

「コロナウイルスの影響で、サッカー界では移籍が少なくなるだろう。パンデミックは間違いなくサッカー界全体に被害をもたらしている。私たちはピッチ内外の両方で、現実的かつ責任を伴うビジネスを行う必要がある。練習場やスタジアムの改善はできるかも知れないが、全体像を見なければならない。どこの予算を割けるのか、どれだけの予算があるのか。これが現実だ。変わってしまったんだ」。

Photo Boris Streubel

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる