レアル、延長交渉が難航するヴァランヌをマンUに売却か

レアルがヴァランヌをマンUに売却か

 レアル・マドリードは今夏、ラファエル・ヴァランヌのマンチェスター・ユナイテッドへの売却を検討しているようだ。

【ラ・リーガ】レアルとの契約延長が停滞しているヴァランヌ…今夏に新たなチャレンジを希望か

 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ヴァランヌは新契約の締結に悲観的であり、レアルはフリーで放出するよりも今夏に移籍金を獲得したいと考えていると報道。ヴァランヌは自身が求めるサラリーとクラブが提示した金額に大きな差があると感じていて、退団も厭わない方針だと報じている。レアルは1月の決算で、負債が9憶1000万ユーロ、純負債が3億5500万ユーロまで膨れ上がっていることが明らかになり、主将セルヒオ・ラモスの放出も検討。マンUは今夏の市場でハリー・マグワイアのパートナーを探していて、長年ターゲットにしているヴァランヌ獲得に乗り出すようだ。

Photo Eurasia Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる