ハーランドが2戦連続ドッペルパック!ドルトムントが打ち合い制し準々決勝の舞台へ!

ハーリング2発でドルトムントが準々決勝の舞台へ

 9日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグが開催され、ボルシア・ドルトムントが本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクにセビージャを迎えた。

敵地での打ち合いを制したドルトムント アドバンテージを活かして次ラウンド突破なるか 〜CLラウンド16 2ndレグプレビュー〜

 敵地で3ゴールを奪い大幅なアドバンテージを得て2ndレグに臨むドルトムント。勢いそのままに新進気鋭のエースが躍動する。35分に高い位置でボールを奪いショートカウンターを発動すると、マルコ・ロイスがペナルティエリア左からラストパスを供給。アーリング・ハーランドが左足で押し込み、ドルトムントが先にスコアを動かす。

バイエルンがハーランド獲得に動く?フリック監督は否定せず「何が起きるか分からない」

 止まらないハーランドは、一度ネットを揺らすも直前のプレーでセビージャにファウルがあったとしてPKを獲得すると、54分にゴール右隅に沈めドッペルパック(1試合2得点)を達成。68分にユセフ・エン=ネシリにPK弾を決められ、後半アディショナルタイムに再びエン=ネシリに失点を喫するものの、これ以上のゴールを与えずタイムアップ。2戦合計5-4でドルトムントが準々決勝にコマを進めた。

試合結果
ボルシア・ドルトムント 2-2 セビージャ(Agg.5-4)
ボルシア・ドルトムント:アーリング・ハーランド35’54’(PK)
セビージャ:ユセフ・エン=ネシリ68’(PK)90+6’

Photo Lars Baron

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる