国内リーグで不振に陥るリバプール…ライプツィヒにプレミア王者の風格を見せられるか 〜CLラウンド16 2ndレグプレビュー〜

イングランド王者の風格を見せたいリバプール

 ホームでクラブワーストのリーグ6連敗と、栄光を手にした昨シーズンの見る影もないリバプール。ただ、コンペティションが変われば状況も変わる。RBライプツィヒとの一戦ではイングランド王者の風格を見せつけたい。

ライプツィヒで飛躍を遂げたアンヘリーニョ 冷遇されたマンC時代を回顧「結果的に殺された」

欠場者情報
リバプール
・エバートンとのダービーで前十字靭帯を損傷したフィルジル・ファン・ダイクは、今シーズン絶望に。
・ジョー・ゴメスやジョーダン・ヘンダーソンが膝を痛め長期離脱となり、今シーズン中の復帰を目指しリハビリを続けている。
・ジョエル・マティプはトッテナム・ホットスパー戦で足首の靭帯損傷の大ケガに。手術を必要とし、今シーズン絶望となった。
・ロベルト・フィルミーノとオザン・カバクがケガで直前のトレーニングを欠席。ライプツィヒ戦でピッチに立つかは微妙だ。

ライプツィヒ
・コンラート・ライマーが膝を負傷、ドミニク・ショボスライが鼠径部を痛めリバプール戦は欠場が濃厚に。
・太ももに問題を抱えているアンヘリーニョはベンチ外が濃厚。マルセル・ザビツァーとヴィリ・オルバンがコンディション不良により、ピッチに立つかは疑わしい。

リバプール、CL決勝T2ndレグも中立地ブダペストで開催…ガイドラインでライプツィヒの渡英が困難に

マッチプレビュー
リバプール
 欧州の大会でリバプールがホームにドイツ勢を迎えるのは今回で21回目。過去20回では一度も負けておらず(16勝4分)、52ゴールを奪って9失点に留めている。またユルゲン・クロップ監督は2012-13シーズンCL決勝でバイエルン・ミュンヘンに敗れて以来、ドイツ勢と3度激突。全てラウンド16で実現しており、2勝1分で勝ち越している。

ライプツィヒ
 3度目のチャンピオンズリーグで2シーズン連続ノックアウトラウンドに進出したライプツィヒ。同大会でイングランド勢と対戦するのはリバプールで3チーム目となり、今シーズンGSで激突したマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦では0-5の大敗を喫した。またGKペテル・グラーチは2007年〜2013年までリバプールに在籍していたが、ファーストチームの試合には一度も出場していない。

Photo Christina Pahnke – sampics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる