1stレグ大勝は4年前と同じ…PSG、悪夢を払拭しバルセロナ撃破を目指す 〜CLラウンド16 2ndレグプレビュー〜

悪夢を祓いたいPSG

 1stレグでバルセロナに大勝したパリ・サンジェルマンだが、これは大逆転負けを喫した4年前と同じ状況に。あの悪夢が繰り返されるのか、PSGがUEFAチャンピオンズリーグを制するためには、乗り越えなければならない相手だ。

PSGサポーターが愚行! ピケの妻シャキーラへの“侮辱バナー”に非難殺到!

欠場者情報
パリ・サンジェルマン
・ネイマールは太ももを負傷が間に合わずバルサ戦欠場が決定的に。モイゼ・ケーンはコロナウイルス陽性でピッチに立てない。
・ファン・ベルナトがひざ前十字靭帯の損傷で長期離脱、ティロ・ケーラーは股関節を痛めバルサ戦欠場が確実だ。

バルセロナ
・1stレグでサプライズ復帰を果たしたジェラール・ピケだが、コパ・デル・レイでケガが再発し再びベンチ外に。またハムストリングの大ケガでセルジ・ロベルトが長期離脱中だ。
・アンス・ファティが昨年11月に、フィリッペ・コウチーニョが昨年末にそれぞれ左膝の外側半月板損傷で手術を行い、現在はリハビリに励んでいる。

エムバペが大一番でハットトリック!PSG、敵地カンプ・ノウでバルセロナに4発圧勝!

マッチプレビュー
パリ・サンジェルマン
 バルサと過去3試合で2勝しているPSGは、パルク・デ・プランスに同クラブを迎えるのは今回が2度目で、2017年2月の対戦では4発快勝。これはバルサがアウェイで喫した最大失点数タイ記録だ(2019年5月リバプール0-4、2013年4月バイエルン0-4)。また2015年2月からパルク・デ・プランスでCL22試合を行い計61得点を挙げ、必ず1度はネットを揺らしている。

バルセロナ
 本拠地カンプ・ノウでの1stレグで4失点完敗を喫したバルサ。チャンピオンズリーグを含めた欧州の大会で1stレグのホームで3点差以上で敗れた場合、次ラウンドに勝ち上がったチームはいない。またバルサはCLノックアウトラウンドでのアウェイここ9試合で、勝利したのは2019年4月マンチェスター・ユナイテッド戦のみ。同期間で3発しか挙げておらず、6試合で無得点だ。

Photo David Ramos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる