マンUがオブラクに熱視線 スペイン帰国望むデ・ヘアと大型トレード画策

マンUがオブラクに熱視線

 マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で、アトレティコ・マドリードのヤン・オブラクの動向をチェックしている。

オブラク、将来的なプレミア挑戦を示唆「特別なリーグ」

 1年以上前からオブラクをチェックしているマンUは、今シーズンいっぱいでセルヒオ・ロメロが退団確実、ダビド・デ・ヘアの将来も不透明のためGK補強を画策。デ・ヘアは第一子出産のためスペインに帰国し、直近の試合はディーン・ヘンダーソンがゴールマウスを守っていたが、マンUはさらにもう一人GKを迎える準備をしているようだ。

マンUがドンナルンマに急接近!GK最高給で基本合意か

 オブラクはアトレティコと2年契約を残していて、クラブは違約金1億ポンド(約137億円)を要求。コロナウイルスによる財政圧迫で資金捻出に苦戦するマンUは、家族が暮らすスペイン帰国を望むデ・ヘアとのトレードなど様々なオプションを用意しているようだ。デ・ヘアは以前アトレティコでプレーしていた経験があり、今夏にGKの大型トレードが実現するかも知れない。

Photo Denis Doyle

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる