ボールに背を向け決勝FK弾を献上…カペッロが壁を担当したC・ロナウドに激怒「許されないミス」

カペッロが背を向けた壁に激怒

 元ユベントス監督のファビオ・カペッロは、決勝FKでミスを犯したクリスティアーノ・ロナウドを批判した。

ポルトが大金星!延長戦の末ユベントスを下しベスト8進出!

 UEFAチャンピオンズリーグラウンド16のユーベとポルトの一戦は、2戦合計でスコアタイとなり延長戦に突入。すると115分にポルトにFKを与え、セルジオ・オリベイラが放ったシュートが壁の下を通ってネットを揺らし、アウェイゴール差でユーベの2シーズン連続ベスト16敗退が決定した。今試合を解説していたカペッロは、壁を担当したC・ロナウドがボールに背を向けてジャンプしたプレーを指摘。「ありえないミス」と怒りを露わにした。

C・ロナウドの恋人ジョルジーナ、トリノでの私生活を赤裸々告白「彼は料理をしないし、電球を変えられない」

「許されないミスだ。私の時は壁に入る選手を選んでいたし、誰もボールを恐れることはなかった。彼らはボールに背を向けてジャンプしていたが、それは許されない事だ。試合後のインタビューも気になったが、ベテランがどこにもいなかった。厳しい状況にも関わらず、若手選手が矢面に立っていたよ。どうやらこのチームには、勝った時は手柄を取るために現れ、負けた時は姿を消すベテランがいるようだ」。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる