サラーとマネが決勝Tで2戦連続弾!リバプールが公式戦3試合ぶり白星でライプツィヒを撃破!

サラー&マネ弾でリバプールが次ラウンド突破

 10日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグが開催し、中立地ブダペストでリバプールとRBライプツィヒが激突した。

国内リーグで不振に陥るリバプール…ライプツィヒにプレミア王者の風格を見せられるか 〜CLラウンド16 2ndレグプレビュー〜

 国内リーグではホーム6連敗と、ユルゲン・クロップ政権で最も不振に陥るリバプール。今試合では軽傷を負っていたオザン・カバクが復帰し、ファビーニョがボランチを務めた。1stレグと同じ舞台となったプシュカシュ・アレーナでの一戦は、両者ともハイプレスを仕掛け序盤からオープンな展開に。互いに決定機を迎えるも、GKのファインセーブが光りスコアレスでゲームを折り返す。

ライプツィヒで飛躍を遂げたアンヘリーニョ 冷遇されたマンC時代を回顧「結果的に殺された」

 後半に入るとさらに熱を帯びる激闘は、リバプールが個の力で違いを作る。70分に刻みのいいパス回しを披露すると、モハメド・サラーがペナルティエリア内に進入。左足で冷静に流し込み、リバプールが先制に成功する。さらに4分後、途中出場したばかりのディボック・オリギが右サイドからクロスを送り、サディオ・マネが右足で合わせて勝負あり。2発快勝を収めたリバプールが、2戦合計4-0で次ラウンド突破を決めた。

試合結果
リバプール 2-0(Agg.4-0) RBライプツィヒ
リバプール:モハメド・サラー70’/サディオ・マネ74’

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる