スアレスが決勝PK弾!アトレティコが強敵ビルバオに逆転勝利!

 10日にラ・リーガ第18節延期分が開催され、アトレティコ・マドリードが本拠地ワンダ・メトロポリターノでアスレティック・ビルバオと対戦した。

マンUがオブラクに熱視線 スペイン帰国望むデ・ヘアと大型トレード画策

 “マドリード・ダービー”で勝利を逃し、下からの猛追を受ける首位アトレティコ。一つでも多くの勝ち点が欲しい今試合だったが、20分にイケル・ムニアインに先制点を許してしまう。それでも前半アディショナルタイム、トマ・ルマールがペナルティエリア左に進入し、左足でクロスを供給。マルコス・ジョレンテが頭で合わせ、アトレティコが前半の内に同点に追いつく。

終了間際にベンゼマが復帰弾!白熱の“マドリード・ダービー”は劇的ドロー!

 いい形で後半に入ったアトレティコは、立ち上がりにルイス・スアレスがペナルティエリア内でウナイ・ヌニェスに倒されてPKを獲得。スアレス自らがゴール左に落ち着いて沈め、得点ランクトップのリオネル・メッシを1点差で追う18得点目を挙げる。その後は守備に重きを置きつつも得点の機を窺うアトレティコが、反撃に隙を与えず試合終了。2-1で逆転勝利を収め、2位バルセロナとの勝ち点差を6に広げた。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる