ビダルがエリクセン台頭で放出候補に 元同僚ラフィーニャがフラメンゴに勧誘

 インテルのアルトゥーロ・ビダルは、今シーズンいっぱいでチームを去るかも知れない。

インテルの快進撃が止まらない!麗しき“ウノゼロ”でアタランタ下しリーグ7連勝!

 昨夏にアントニオ・コンテが熱望したことで、バルセロナから移籍金100万ユーロ(約1億2000万円)でインテル加入が実現したビダル。今シーズン通算30試合に出場していたが、クリスティアン・エリクセンの活躍によって中盤の序列に変化が現れ、先発出場した直近のアタランタ戦ではミスが多かったという理由で途中交代を強いられた。

F・ルイス、元同僚アザールの“マリオカート伝説”語る「試合5分前まで…」

 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、インテルはエリクセンを残留させビダルを売却する可能性が高いと報道。週給11万ユーロ(約1500万円)で1年契約が残っているものの、バイエルン・ミュンヘンで同僚だったラフィーニャは、ビダルは現在所属するフラメンゴでプレーしたがっていると語った。「2019年に僕たちがリベルタドーレスを優勝をするの見て、彼は夢中になっていたよ。ビダルがフラメンゴでプレーしたいと言う気持ちが強い。とてもね。彼は本当にフラメンゴが好きだし、ヨーロッパにいる今でもシャツを着ているよ」。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる