オドイが愛車ランボルギーニで衝突事故…双方の主張噛み合わず警察が調査

オドイが愛車ランボルギーニで衝突事故

 チェルシーのカラム・ハドソン=オドイは愛車で衝突事故を起こし、相手と口論となったようだ。

3バック、ハベルツやオドイの起用法…トゥヘル監督がチェルシーにもたらした5つの変化

 オドイは21万5000ポンド(約3200万円)の愛車ランボルギーニ・ウルスを走行中、29歳若手医師が運転するルノーと衝突。オドイと同乗していた2人は撮影しながら責任を追求するも、医師も後ろから追突されたしたと主張したことで、オドイの兄ブラッドリーが警察に書類提出したようだ。医師は 「私の車に大きな衝撃があった。カラムは車から出た瞬間わかったよ。チェルシーのジャージを着ていたからね」とコメント。「彼らは私をビデオ撮影して罪を求めたが、私の過失ではなかった。彼らは私の車をバカにしていたけど、ぜひ警察に調査してもらいたい」と言及している。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる