元バイエルンのマテウス氏、ドイツ代表の後任候補にフリックを推薦「理想的な人物」

マテウスがドイツ代表監督後任にフリックを推薦

 元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏は、ドイツ新監督にハンジ・フリックを推薦している。

レーヴ退任で次期指揮官レース勃発 ラングニックはドイツ代表監督に興味「タイミングが合えば…」

 ヨアヒム・レーヴはEURO2020終了後、約15年間指揮してきたドイツ代表監督を退任する事が決定。フリックはドイツ代表でレーヴの下でアシスタントを8年間務めた経験があり、早い段階で後任候補の一人に。昨年6冠を達成したフリックはバイエルンと2023年まで契約を残っている中、『スカイ・ドイツ』のインタビューに応じたマテウス氏はドイツサッカー協会(DFB)に勧めたいと語った。

「彼は調和を重んじる人物だが、気持ちいい環境で過ごさなければならない。もし彼がバイエルンで居心地が悪くなったら、上司に伝えるだろう。そして代表チームの理想的な候補者になるだろうね。DFBは自分たちが何を望んでいるか考えなければならない。各候補者の長所と短所を比較検討しているだろう。私はサポートが好きな人間で、もし一致団結していると感じれば指揮を考え始めるよ」。

Photo Stefan Matzke – sampics

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる