神が帰ってきた!イブラヒモビッチが5年ぶりにスウェーデン代表復帰!

イブラヒモビッチが5年ぶりに代表帰還

 ズラタン・イブラヒモビッチは引退を発表してから5年ぶりに、スウェーデン代表に復帰した。

イブラヒモビッチが内転筋を負傷…古巣マンU戦は欠場に

 39歳イブラヒモビッチは、25日のFIFAカタールワールドカップ予選グルジア戦、3日後のコソボ戦、そして31日のエストニアとの親善試合を戦うスウェーデン代表メンバーに招集。ピッチに立てば代表史上最年長の選手となる。またイブラヒモビッチはSNSで、「神の帰還」と言葉を添えスウェーデン代表のユニフォームを着た写真を投稿。スウェーデン代表のヤンネ・アンデルソン監督も「何よりもまず、彼は非常に優れたサッカー選手で、スウェーデン代表で最高の選手だ」と語った。「彼が戻ってきたいと思ってくれてとても嬉しい。彼の信じられないような経験はチームや他の選手に貢献してくれるだろう」。

【EURO】本戦グループステージ組み合わせが決定!ポルトガル、フランス、ドイツが同居する死の組が誕生

 イブラヒモビッチは2001年に代表デビューを果たし、112キャップで通算62ゴールを記録。EURO2016を最後に代表引退を表明していたが、5年ぶりに神の帰還となった。また印象的な活躍を見せれば、今夏のEURO2020出場の道も開かれている。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる