ホーム泥沼6連敗と大不振のリバプール…原因は75億円の新トレーニング場⁉

リバプールの不調は新練習場が原因か

 リバプールの最近の不調は、新しくなったトレーニング場に原因があるかも知れない。

泥沼のホーム6連敗を喫したリバプール…クロップ監督はプレミア優勝諦めず「手を抜いていい試合はない」

 今シーズンのリバプールはプレミアリーグ王者に輝いた昨季のような輝きを見せることが出来ず、本拠地アンフィールドでクラブワーストとなる6連敗を喫した。昨年11月にはメルウッドからカークビーにトレーニング場を移したが、イギリス紙『The Sun』はこの新練習施設が不振の原因だと報じた。

リバプールの新トレーニング施設が完成!クロップ監督が手放しで絶賛「完璧だよ!」

 カークビーは総工費5000万ポンド(約75億円)を費やし、3つのフルサイズピッチ、屋内には専用のテレビスタジオや記者会見室、さらに宿泊施設も備えている。しかし多くの選手たちが新トレーニング場の強風に不満を持っており、練習場の一部では「ウィンディ―・ハーバー」と呼ばれるエリアもあるなど、頭を抱えていると報道。実際に移転後リーグ13試合で7敗を喫していて、一部ではメルウッド復帰を切望する声も上がっているようだ。

Photo Jan Kruger

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる