ミハイロビッチ監督の交代策が奏功!冨安フル出場のボローニャが2点差から逆転勝利!

ボローニャが劇的な逆転勝利

 セリエA第28節が20日に行われ、冨安健洋が所属するボローニャがクトローネと激突した。

日本人対決はボローニャ冨安に軍配!インテルはルカク&ラウタロ弾で8連勝!

 前節は冨安が復帰を果たし、3試合ぶりの白星を飾ったボローニャ。今試合にも勢いを持ち込みたかったが、クトローネの猛攻に防戦一方の展開となる。すると32分にペナルティエリア手前の右でFKを与え、ジュニオール・メシアスが蹴ったボールがそのままゴールに吸い込まれ失点。40分にはシミーにPKを決められ、ボローニャが2点ビハインドで試合を折り返す。

日本代表メンバー23名発表!海外組9人、前川や山根ら8人が初招集

 苦しい立場を強いられたボローニャは、シニシャ・ミハイロビッチ監督が後半開始から2枚替えを敢行すると、この采配が奏功する。62分にアダマ・スマオロが1点を返し、8分後にムサ・バロウのお膳立てから途中出場イェルディ・シャウテンが同点弾をゲット。畳み掛けるボローニャは84分にロドリゴ・パラシオがシュートを放つと、こぼれ球を途中出場スコフ・オルセンが押し込んでついに逆転。ボローニャが2点差をひっくり返し、リーグ2連勝を果たした。

Photo Maurizio Lagana
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる