レバンドフスキがイングランド戦プレー可能に!メルケル独首相が隔離免除を許可

レバンドフスキがイングランド戦参加可能に

 バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキは、隔離期間なしでポーランド代表参加が可能となった。

カタールW杯ヨーロッパ予選組み合わせが決定!王者フランスはウクライナやボスニア・ヘルツェゴビナと激突

 ポーランド代表に招集されたレバンドフスキは31日にFIFAワールドカップ予選イングランド戦に臨む予定だったものの、イギリスとドイツでコロナウイルスによる渡航制限が設けられており、帰国の際は10日間の隔離が強いられる。バイエルンは隔離となれば招集を拒否する姿勢で、レバンドフスキの代表参加が危ぶまれていた。

レバンドフスキが前半だけでハットトリック!数的不利のバイエルンが遠藤シュツットガルトに4発圧勝!

 そんな中ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相と電話で首脳会談を実施。メルケル首相が特別措置として隔離期間免除を許可し、レバンドフスキはイングランド戦参加可能となった。またボルシア・ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムにも同様の問題が発生していたが、隔離期間免除が許可されている。

Photo Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる