PSGで再脚光を浴びるケーン、古巣ユベントスが復帰を画策

ユーベがケーン復帰を画策

 ユベントスは以前在籍していたエバートンのモイゼ・ケーンを、今夏の移籍市場で再獲得を目論んでいる。

リュディガー、PSGやトッテナムに移籍間近だった昨夏を回顧「トゥヘルやモウリーニョに声をかけて…」

 ケーンはエバートンで実りのない時期を過ごし、今シーズンからパリ・サンジェルマンにレンタル移籍。すると野戦病院と化したチームで唯一ケガと無縁でブレイクを果たし、20試合で11ゴールを記録している。イタリアメディア『Tutto Mercato』によると、古巣ユーベがケーンに熱視線を送っていて、移籍金+選手でオファー提示を画策していると報道。ケーンはユース時代から9年間ユーベでプレーしていたが、マウリツィオ・サッリ前監督が戦力扱いとしたためグディソン・パークに旅立った。PSGもケーンの完全移籍を模索しており、今夏の動向に注目が集まる。

Photo Xavier Laine
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる