元アーセナルDFギブス、今夏にベッカム氏オーナーのインテル・マイアミに加入!

ギブスが来季からインテル・マイアミに加入

 WBAのキーラン・ギブスは来シーズンから、デイビッド・ベッカムが共同オーナーを務めるインテル・マイアミ加入が決定した。

 2017年にWBAに加入した31歳ギブスは、今シーズンいっぱいで満了となる契約を更新しないと公言。シーズン終了までバギーズでプレーし、今夏からメジャーリーグサッカー(MLS)に挑戦するとSNSで報告した。「この夏、インテル・マイアミでキャリアの次の章をスタートできて興奮しているよ!南フロリダの新しい文化とチャレンジが楽しみだね。クラブのビジョンに感銘を受けたし、プレーする日が待ち遠しい。それまでの間は、WBAにコミットしたい。今までがそうであったように、シーズン終了までチームのために100%の力を発揮したい」。

インテル・マイアミ共同オーナーのベッカム、将来的なメッシやC・ロナウド獲得を熱望

 またWBAは今シーズンのプレミアリーグで17位に沈んでおり、チャンピオンシップに降格した場合は主力選手の大量流出の可能性も。ギブスの移籍は、今夏の放出のきっかけになるかも知れない。

Photo Bryn Lennon
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる