スクデット獲得が困難となったユベントス…カッサーノはC・ロナウドを痛烈批判「自分のゴールと記録しか考えていない」

カッサーノがC・ロナウドを痛烈批判

 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドを痛烈に批判した。

ユベントスが優勝遠のく手痛い敗戦…ミランはイブラ復帰弾などで貴重な白星

 ユーベはUEFAチャンピオンズリーグでポルトに競り負け、痛恨のベスト16敗退。直近のリーグ戦では残留争いを演じるベネベントに“ウノゼロ”を決められ、首位インテルと10ポイント差になり10連覇が困難となっている。カッサーノはTwitch番組「Bobo TV」で盟友クリスティアン・ヴィエリ氏と対談し、C・ロナウドがユーベで一番の問題となっていると語った。

Twitch:ChristianVieriOfficial

「クリスティアーノを売れば1億ユーロを得られるから、トップの選手を何人か獲得できる。去年、サッリはここ数年で最高のサッカーをしたにも関わらず解雇された。彼の問題はC・ロナウドだった。彼と一緒にサッカーをしたいと思っている監督はいないだろう。C・ロナウドはピルロのブレーキとなっている」。

【セリエA】“問題児”カッサーノ、C・ロナウド問題に率直な意見「ユーベは隠すのが得意」

「彼は自分のゴールと記録のことしか考えていない。もし会長をやるとして、新しいサイクルを始めたいのなら、監督にC・ロナウドのような人物を管理させる責任を負わせるべきではない。例えば、クルセフスキはとても影響を受けている。個性のない若者は問題に直面してしまうよ」。

Photo Chris Ricco
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる