優勝経験のあるドイツ、イタリア、スペインが登場!W杯ヨーロッパ予選が開幕

ドイツはレーヴには花道を飾ることができるか

 ついにカタールに向けスタートしたFIFAワールドカップ欧州予選。早くも波乱の初戦がいくつも見られる中、近年の大会王者スペインやイタリア、そしてドイツはどのような初陣を飾るのか。

W杯ヨーロッパ予選が開幕!各グループの戦況をチェック

グループB:スペインの若手注目株ペドリに注目
 初めてA代表に招集された期待の若手ペドリ。バルセロナではリオネル・メッシを納得させた18歳の超新星は、代表でも実力を発揮できるか。無敵艦隊はギリシャと初戦を迎え、グルジア、コソボ、そしてズラタン・イブラヒモビッチが復帰したスウェーデンと同居している。

グループC:打倒イタリアに燃える曲者たち
 ロベルト・マンチーニ監督の下22戦無敗を続けているイタリアは、北アイルランドとの試合で欧州予選を迎える。UEFAネーションズリーグでも強さを発揮したイタリアだが、グループCで同居するのはスイスやブルガリアと曲者ばかり。初戦を落とす事があれば、最悪のシナリオも全くないわけではない。

グループI:イングランドはサウスゲート監督就任50戦目に
 熾烈なプレミアリーグを戦う選手たちが続々とケガで離脱してしまったイングランド。招集リストに大幅な変更があったものの、予選一発目のサンマリノ戦はガレス・サウスゲート監督就任50ゲーム目の節目の試合となる。イングランド代表監督では7人目となる偉業を、大量ゴールで祝いたい。

グループJ:レーヴとのお別れツアーが始める
 ドイツはEURO2020後に退任するヨアヒム・レーヴ監督を、凱旋帰国でもてなしたいと考えているだろう。今月初めに退任を発表したレーヴのチームは、アイスランドと初戦を行い、週末にはルーマニアと激突。近年はパフォーマンスが低下しているドイツにとって、名将のお別れツアーを台無しにするわけにはいかない。

Photo Laurence Griffiths
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる