18歳ファティが今季絶望か ケガ悪化で三度手術の可能性が浮上

ファティが今シーズン絶望か

 バルセロナのアンス・ファティは左ひざ半月板損傷のため3度目の手術を行う可能性があり、残りのシーズン絶望となった。

18歳ファティが左膝の半月板損傷…最大で約5ヶ月の離脱に

 ファティは昨年11月に左膝半月板を損傷し、ラモン・クガット医師による手術を受ける。回復に3カ月、芝生でのトレーニングに1カ月を費やし、シーズン終盤にロナルド・クーマン監督率いるチームに合流する予定だった。しかしリハビリは計画通りに進まず、オフィシャルでは発表していなかったものの膝の腫れを治すため1月初めに再度手術を受けることに。ところが2回目の手術でも解決には至らず、3週間前から半月板の感染症が確認され、三度手術を敢行する可能性が浮上。手術が決定した場合ファティはシーズン終了までに復帰することができず、EUROや東京オリンピックも欠場が濃厚となる。

Photo Eric Alonso
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる