1点が遠かったU-24日本代表…アルゼンチンの牙城崩せず完封負け

U-24日本代表が完封負け

 26日にセゾンカードカップ2021が行われ、U-24日本代表がU-24アルゼンチンとの一戦に臨んだ。

久保、堂安、三苫が選出!U-24日本代表メンバー23名を発表

 東京オリンピックまで残り4ヶ月を切り、現在地を測る大事な壮行試合となった日本。久保建英や三好康児、三笘薫など主力選手がスタメンに名を連ねた。ハイプレスで自由を奪いにいく日本だったものの、アルゼンチンの行動を制限するに至らず、2度のクロスバー直撃のシュートに遭うなどピンチを招く。すると21分にマティアス・バルガスに突破され、最後はドルフォ・ガイチにヘディング弾を喫してしまう。

【東京五輪】FIFA、男子サッカー年齢制限の引き上げを発表!1997年1月1日以降生まれが対象に

 1点ビハインドで試合を折り返した日本は、後半に入り猛反撃を敢行。久保や三好にボールを集めて積極果敢にドリブルを仕掛ける。また運動量が落ちてきた選手をインテンシティを保ち、シュートを打つ場面が増加。ゴールが間近に迫るものの、GKのファインセーブやDFの身体を張った守備で最後までスコアを動かせずタイムアップ。多くのチャンスを創った日本だったが、0-1の悔しい敗戦となった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる