マグワイアが終盤に豪快勝ち越し弾!イングランドが難敵ポーランド下し3連勝!

  31日にFIFAワールドカップ欧州予選グループI第3節が行われ、イングランドとポーランドが激突した。

イングランド、首位攻防戦に追い風 レバンドフスキが右膝負傷で代表離脱

 結果次第では順位が入れ替わる予選屈指の好カードが聖地ウェンブリー・スタジアムで実現。激戦必至のゲームは、イングランドが主将ロベルト・レバンドフスキを欠いたポーランドに襲いかかる。ラヒーム・スターリングがドリブルでペナルティエリア内に進入すると、DFに倒されてPKを獲得。ハリー・ケインがゴールド真ん中に決め、19分にイングランドが貴重な先取点をゲットする。

サウスゲート、ポーランドとの首位攻防戦に慎重な姿勢…対策問われ「手の内は明かしたくない」

 逃げ切りを図りたいイングランドだったが、後半に入りポーランドの猛攻に遭う。58分にジョン・ストーンズがゴール前でボールを奪われ、ヤクブ・モデルでに同点弾を喫する。このまま引き分けに見えた85分、左CKからフィル・フォデンがクロスを送ると、ファーサイドでストーンズが頭で折り返す。ハリー・マグワイアが豪快な勝ち越し弾を沈め、イングランドが2-1でポーランドに競り勝ち3連勝を果たした。

Photo Catherine Ivill
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる